アイリッシュ・ブリティッシュ・ブルース・日本民謡...
ルーツミュージックやオリジナル曲を演奏するアコースティック・ギターリスト天満俊秀のホームページです。

TOSHIHIDE TEMMA
Official Web



表紙 | News | 経歴 | 演奏予定 | 使用楽器 | 出版物 | 動画 |お問い合せ | blog. | Facebook

経歴


天満俊秀 (てんま としひで)

8歳よりクラシックギターを始め、その後、アコースティックギターに転向。
大阪市立大学経済学部に在学中より、演奏活動を行う。
同時にカルチャースクールや楽器店などでギター講師を務め、ギター独奏での演奏活動の他、
ブルースやアイリッシュのバンドへ参加し、幅広く活動を行う。
音楽活動に専念する為に同大学を中退。アイルランドへ渡り、アイルランドの打楽器、Bodhrans(バウロン)を学ぶ。

2000年にヴァイオリニスト平野有希とのユニット、
ROOTSを結成。
2002年、日本大使館の後援を得て英国スワンジー市立グランドシアターにて演奏会を行い、
現地の新聞などで報道され好評を得る
2004年、ボブ・デュランのパートナーであるスカーレット・リベラ、映画「トロイ」「タイタニック」のサントラ演奏で知られる
パイプ奏者、エリック・リグラーと共演。
2005年、アコースティックギターリスト、打田十紀夫氏と共演。
同年、音楽教室の運営、イベント製作などを行う有限会社art pointを設立。
2006年、元朝日放送プロデューサー「必殺シリーズ」の生みの親の一人として知られる、
仲川利久氏脚本・演出のコンサートで主演。
2006年〜2008年にかけて、打田十紀夫氏の主宰するTABギタースクールのライブにて、世界的ギタリストである、
ステファン・グロスマン、ボブ・ブロズマン、ピエール・ベンスーザン、トニー・マクマナスのオープニング・アクトをつとめる。

ROOTSの活動の傍らギター独奏による活動を続け2007年、ギターリスト打田十紀夫氏プロデュースによるケルティック・
フィンガースタイル・ギター・アルバム「South Wind」をTABレーベルよりリリース。CDが音楽雑誌『Player』に掲載。
また、『アコースティック・ギター・ブック25』、『アコースティック・ギター・マガジン34』、には
イギリス・アイルランドの音楽を演奏するソロギターリストとして、インタビューが掲載される。
2008年、打田十紀夫氏とジョイントライブを行う。
同年、ザ・ギター・フェスティバル〜世界のギター・次元を超えた共演〜と題した各分野を代表するギターリストを集めての、ギターの祭典を企画・出演。

また、2005年より地元である大阪吹田市出身の作曲家、貴志康一のヴァイオリンとピアノの為の作品をヴァイオリンとギターのために編曲・演奏。
アイルランド、イギリスの歴史、文化、民族移動、宗教の変遷等のトピックスを織り交ぜた演奏会にも定評があり、
行政機関、教育委員会、人権委員会等からの依頼によるコンサート・講義も多く行っている。
その活動を通じて、2008年には吹田市より文化のまちづくり推進者として表彰を受ける。
2009年、ROOTS結成8周年記念企画にて、音楽とバレエの、コラボレーション・イベントを行い、朝日新聞・読売新聞にインタビューが掲載される。

2008年〜2012年にかけて、ステファン・グロスマン、ウッディ・マン、ダック・ベイカー、デヴィッド・レイブマン、トニー・マクマナスの来日コンサートにゲスト出演。
2010年、有田純弘&打田十紀夫ジョイントライブ、岡崎倫典&打田十紀夫ジョイントライブツアーにゲスト出演。

2012年〜は、アコースティック・ギター・マガジン(リットーミュージック)、現代ギター(現代ギター社)等の音楽誌で、
アイルランド・スコットランド・日本の民謡について寄稿、楽譜集の出版をする等、民謡の探求や紹介にも力を注いでいる。

2014年、約20年間の音楽生活の中で、民謡が生み出された農作業や農村の在り方に関心を持つようになり
宮崎県立農業大学みやざき農業実践塾で1年間の研修を受け、宮崎県高鍋町にて就農。
アコースティックギターに加え、並行して取り組んでいた三味線を取り入れた、アイルランド、スコットランド、日本の民謡を中心に演奏活動をするユニット、
謡楽舎(ようらくしゃ)を結成。
農業に関わる楽しいお話を織り交ぜたコンサートなど、音楽と農業を組み合わせた活動を展開し、
2014年〜2016年にかけて、MRT宮崎放送の番組 “モーニングてらす”、“わけもん!GT”、TVQ九州放送の番組“きらり九州めぐり逢い”(リポーター:桂米助)、
TBS系列JNN九州6局が制作する番組 “新 窓をあけて九州”に出演する等、各TV番組や新聞等にて取り上げられ、注目を集めている。
2016年、農業体験や民謡などの音楽が楽しめる民宿「謡楽舎」を宮崎県にてオープン。
農業を営みながら幅広い音楽活動を展開している。

現在、ギターソロのCDを5タイトル、ROOTSのCDを5タイトル、謡楽舎のCDを1タイトルリリース。


関連ホームページ

有限会社 art point ホームページ      
http://art-point.la.coocan.jp
ROOTS ホームページ              
http://roots-music.la.coocan.jp
謡楽舎 ホームページ              
http://yorakusha.la.coocan.jp


天満俊秀は、ケルティック音楽を演奏するだけでなく、その音楽の背景にあるケルト民族の歴史や文化も真摯に学んでいる、
日本では数少ないソロ・ギタリストだ。
一方、地域社会の音楽活性化にも惜しみなくその能力を注ぐなど、社会との繋がりを常に考えているところが素晴らしい。
彼は、ケル ティック・フレーバーを持ったメロディアスなオリジナル曲や日本の隠れた名曲などのアレンジなども披露し、
美しくも親しみやすいギターを聴かせて くれる。
彼の"誠実&明朗"さはギター演奏にも表れ、聴くものの心に安らぎを与えてくれる。――――――― ギターリスト 打田十紀夫